::Hikaru's blog

調べたこと, 考えたことをメモ.
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 多次元配列の全要素を積算する | main | redirect >>

複雑な宣言の読み方

1. 識別子を探す。 2. 直近の()があれば"function returning"とする。 3. 直近の[]があれば"array of"とする。 4. 直近の*があれば"pointer to"とする。 5. 直近の&があれば"reference to"とする。 6. 2〜5を最後まで繰り返し、日本語へ翻訳する。(右から訳していく) # constは無視 # 関数の引数は無視 int* X[10]; array of pointer to int intへのポインタの配列 int (&X())[10]; function returning reference to array of int intの配列への参照を返す関数 int (*X[10])(); array of pointer to function returning int intを返す関数へのポインタの配列 (参照: K&E 第2版 5.12 複雑な宣言)
C, C++ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hikarukaru.jugem.cc/trackback/101
この記事に対するトラックバック